デザイン性の自由度が高い設計事務所でマイホームを建てよう

住宅模型

仲介手数料の仕組みとは

つみき

両側から請求できる

仲介手数料無料というサービスを行う不動産会社も多くなっていますが、基本的には仲介手数料は不動産会社が売買契約や賃貸契約の仲介を行ったときの唯一の収入です。それを無料にできるのには理由があります。不動産会社は売買のときには売り手と買い手、賃貸のときには貸し手と借り手の両方から仲介手数料を申し受けることが可能です。仲介手数料無料というときには一方のみが無料で、他方からは請求するという形を取っています。これによって仲介手数料無料になっている側の顧客を増やしやすくできるのが不動産会社にとってのメリットです。仲介を依頼されている物件の数が多いという業者では買い手や借り手の仲介手数料をなくしてしまえば魅力に感じて物件を探しに来てくれる人が増えるでしょう。一方、売ったり貸したりするのに魅力的な物件をあまり抱えていない状況ができてしまうと不動産会社としては倒産に追い込まれるリスクがあります。そのときには売り手や貸し手に仲介手数料がかからないようにすると、仲介して欲しいと相談に来てくれる人が増える可能性があるのです。このようにして仲介手数料無料の不動産会社が経営を行っています。両側から請求できるという仕組みを利用することにより、仲介手数料による収入をある程度は維持しながら顧客獲得の競争に勝ち抜こうと努力しているのです。無料という言葉は顧客にとって魅力的なものなので、積極的に取り組む不動産会社が増えてきています。